いのまた洋文のFacebookをチェック


いのまた洋文が実現する町づくりの理念

「いのまた洋文後援会事務所」の詳細


スポンサーリンク

上記の広告は、30日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by だてBLOG運営事務局 at

2011年02月11日

共に元気な町をつくりましょう!

「猪股洋文後援会だより 平成22年冬号」より 猪股洋文の紹介


昭和27年3月28日生(58歳)

家族 父、妻、三男一女、孫二人
趣味 スキー、キャンプ、まちおこし
座右の銘 「動機善なりや、私心なかりしか」


・中新田小学校、中新田中学校卒業
・古川高等学校卒業
・ユタ大学政治学部卒業
 (学生約3万人の米国有数の州立大学)
・元宮城県職員
 (国際交流課、商政課、工業振興課、教育庁、
 総務課、建築宅地課、青少年課等 勤務)
・宮城県ソウル事務所初代所長
 (韓国に約3年駐在)
・「デイサービスくれよん」経営
・㈱インタラック宮城・山形地区責任者
・宮城県行政書士会会員


高校卒業するまで、田川の小さな借家で暮らしていました。
米泉部落まで続く田んぼに稲が実る頃になると、

「実れば実るほど頭を垂れる稲穂かな」

と耳にたこが寄るのど母に聞かされたものです。


平成15年に県庁を退職し、加美町合併直後の町長選挙に立候補。

3年前、再度町長選に立候補、再選挙の結果6票差で涙をのみました。

以来、中新田に住み、多くの人の声に耳を傾けてきました。


平成21年6月、加美町初の特定非営利活動法人(NPO)による介護事業所「デイサービスくれよん」を開設。

「一人ひとりは、かけがえのない存在である」

を理念に、サービスを提供しています。

実践を通して、お年寄りや介護するご家族が安心して暮らる地域を築いていく決意を強くしています。




  

Posted by いのまた 洋文(ひろぶみ) at 13:51Comments(0)⇒ プライベート

2011年01月29日

新しい家族

次男が結婚しました。
家族が一人増えました。
佳奈子ちゃん Welcom to Inomata's.
どうかよろしくお願いします。

  

Posted by いのまた 洋文(ひろぶみ) at 22:40Comments(0)⇒ プライベート