いのまた洋文のFacebookをチェック


いのまた洋文が実現する町づくりの理念

「いのまた洋文後援会事務所」の詳細


2011年08月08日

8月7日*岡町・あさひ地区対話集会

みなさまこんにちは。

本日2度目のブログでございますが、またまた活動密着レポートさせていただきます。

昨日はいのまた洋文決起集会の後にまた、午後7時から岡町・あさひ地区の対話集会がありました。



会場は中新田公民館です。

準備もあり、移動もあり、なかなかタフなスケジュールでしたが、みなさまのお手伝いのおかげでなんとかスムーズにこなせました!
いつも本当にありがとうございます。

そして!午後の決起集会では約300名、夜の対話集会には約60名が集まってくださいました!!



この日だけで、計350名以上の応援してくださるみなさまにお会いできたという事実、大変嬉しく思います。
そして、いのまた洋文本人も大変喜んでおりました。
みなさまの期待に必ずや答えなければならないと、新たに闘志を燃やしていたようです。

さて、昨日の決起大会の会場から引き続き、後援会会長大山先生からのごあいさつです。



大山先生が手に持っていらっしゃるのは、8月7日の河北新報に載った加美町を考える会の矢越建設反対集会についての記事です。

大山先生、いつも本当にありがとうございます。

いのまた洋文は、今回も庁舎建設問題を始め安心して暮らせる町作りを目指すため、どのように町を変えていくつもりか、自身の考えを会場のみなさまに熱弁いたしました。



笑いをまじえた演説に、会場がなごみます。



いつも家では寒いギャグばかり言ってわたしを黙らせる父ですが、講演にもユーモアセンスをちりばめて、堅すぎず肩の力を抜いて聞ける演説にするよう心がけているようです。
はじめは少し心配していましたが、なんとか毎回ウケているようなので安心いたしました。笑



対話のお時間も、質問ではなく力強いメッセージを下さる方もいらっしゃり、大変励みになりました。



印象に残ったのは、庁舎建設問題についての質問があった際、いのまた洋文が言った言葉です。
『絵に描いたモチではお腹がみたされない。どんなに立派な庁舎が建っても私たちの借金が減ったり税金が下がって暮らしが楽になるわけではない。』

私、この喩えにとっても納得しました。
絵に描いたオモチを見ながら本物のオモチを夢見る生活と、みんなで力を合わせて本物のオモチを手に入れる生活、どっちがいいでしょうか。
いのまた洋文のとめどなくあふれるアイディアで、町を元気にして、みんなでおいしいオモチを食べませんか?

最後はいつもの頑張ろうコールを、みなさまとご一緒にしていただきました。



突然の雨にもかかわらず会場に来てくださいましたみなさま、本当に、ありがとうございました!

*****

昨日の決起集会と対話集会でもお配りしましたこちらのちらし・・・
お写真多めでなかなか好評でございます。



もうご覧になってくださった方も多いのでしょうか。
これからどんどん配っていきますので、ぜひぜひ見てみてくださいね*



早急にほしい方は事務所までご連絡くださーい!

*****

さて、本日午後7時から、並柳・城内地区の対話集会が南児童館にてございます。
雨が降ってまいりましたが、夜までには止むようお祈りしておきます。。。
みなさま、お時間ございましたらぜひ、足をお運びくださいませ。

では、会場でお待ちしております!
ありがとうございました。

春香


同じカテゴリー(⇒ 選挙活動トピックス)の記事画像
当選のご報告
必勝祈願@熊野神社
FM大崎
差し入れ
為書き
事務所開き
同じカテゴリー(⇒ 選挙活動トピックス)の記事
 当選のご報告 (2015-07-28 17:30)
 必勝祈願@熊野神社 (2015-07-27 10:10)
 FM大崎 (2015-07-27 00:10)
 差し入れ (2015-07-26 23:50)
 為書き (2015-06-17 22:25)
 事務所開き (2015-06-03 22:05)

Posted by いのまた 洋文(ひろぶみ) at 16:46│Comments(1)⇒ 選挙活動トピックス
この記事へのコメント
拝啓 猪俣町長殿
本日、商工会の招聘で加美町に行ってまいりました。
久しぶりだったので懐かしかったです。
機会を見つけて猪俣町長を表敬訪問致したく存じます。
小生の活動は全く宮城大学の組織とは別に加美町に出入りを致しております。
宮城大学事業構想学部事業構想学科(観光領域)
三橋勇
Posted by 三橋三橋 at 2013年07月19日 23:28
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
8月7日*岡町・あさひ地区対話集会
    コメント(1)