いのまた洋文のFacebookをチェック


いのまた洋文が実現する町づくりの理念

「いのまた洋文後援会事務所」の詳細


2011年11月07日

走り続けた2ヶ月間

8月28日に当選し、翌日から公務に就きました。 
あれから2ヶ月になります。走り続けた2ヶ月間です。これまでの主な出来事をお伝えします。

 駐仙台大韓民国の金総領事が早速お祝いに駆けつけてくださり、1ホールのみでしたが薬莱パークゴルフ場でプレーをしました。
大変興味を示され、近い将来総領事杯を開催しましょうという提案をさせていただきました。

現在、米木会会長にお願いし韓国のパークゴルフ事情を調べていただいており、いずれパークゴルフの交流を行うつもりです。






 9月23日、利府町のグランディー21で「日本マーチングバンド・バントトワリング大会」が開催されました。中新田小学校・中学校共に出場し、見事金賞を受賞、東北大会への切符を手にしました。
子供たちの演奏は素晴らしく感激しました。これからも子供たちの可能性を伸ばしてあげたいと思います。


 9月25日、シドニーオリンピック1万メートル代表の
高橋千恵美さんをゲストランナーに向かえ、「第28回薬莱高原マラソン」を開催しました。
私は2キロコースを始めて走りました。折り返し地連からは登り坂できつかった。

参加者670人最高齢者は釜石から来た佐藤金次郎さん82歳。
「走ることで町を復興する力が湧いてきました」と言って、来年の再会を約束し分かれましました。 

今回は、被災した方々が震災後初マラソンということで参加してくださり、加美町の素晴らしさを実感していただきました。私たちは被災した方々をいつでも快くお迎えしたいと思います。

皆さんと一緒に走り、一緒に豚汁を食べ、一緒に語り合い、皆さんのためにこのマラソンをもっと大きく育てなければならいと考えています。 また、この薬莱を陸上選手の合宿所として活用してもれえるよう、高橋千恵美さんには推薦メッセージを書いていただくことになりました。
千恵美さんに感謝。千恵美スマイルは素晴らしいですよ。



 10月にはオーストラリア外務省中東局次長のリネット・ウッド女史の訪問を受けました。
彼女とは県庁時代一緒に2年間働いた仲です。20数年ぶりの再会でした。かつてオーストラリア建国200年祭、中新田町は県無形文化財の「火伏せの虎舞」を派遣したことがあり、交流の再開について話し合いました。





 10月17・18日、ねんりんピックのソフトバレーボールの開催地、熊本県八代市に行って来ました。
来年は加美町で開催されるため、視察と時期開催地として引継ぎをして来ました。
来年は60歳以上の選手が600名以上全国から集まります。加美町の経済の活性化につなげて生きたいと思います。また、加美町のファンを増やし、リピーターになっていただきたいと思います。
ちなみに、ソフトバレーボールは生涯スポーツにはもってこいのスポーツです。これを機に加美町でも普及していきたいと思います。


 10月19日は山形県金山町を視察。
金山町は28年前に景観条例を制定し、以来景観作りに取り組んで来ました。結果、色や形が揃った美しい町並みが形成されていました。

加美町も、長い時間をかけ、美しい町並みを作り、次世代に残したいと思います。金山町は人口約6700人の町ながら、ドイツに町民を派遣し町民意識を高めております。
加美町もバッハの縁もあることから、ドイツに町民を派遣し景観作りの必要性を町民に理解してもらいたいと考えてます。金山町との合同視察団を編成してもいいのではないでしょうか。

いずれにしても、加美町の木材、加美町の業者を活用して、地産地消の庁舎を建てると共に、金山町のように助成し、地産地消の住宅建設を促進し、森林の再生、建設業の活性化を図ったいきたいと思います。


 10月は毎週のように、学習発表会が開かれ、多くの感動を味わうことができました。10月29日に行われた、旭小学校の23人の学芸会は素晴らしかった。5・6年で演じられた「はだしのゲン」には目を潤ませながら見させていただきました。感情がこもっており、本当に感動しました。


 山形市と加美町の消防団同士の交流会が山形市のホテルで開催されました。両地域の交流は30年前にさかのぼります。
理由は、鎌倉時代に大崎氏の始祖斯波家兼(しばいえかね)の次男家頼が山形の最上家を興したことから、加美町と山形市は歴史的友好都市として交流を重ねてきました。
現在は消防団のみの交流です。今後親戚付き合いを深め互いにより良い地域を目指していきたいと考えています。 

 
10月29日、タイで開催された14歳の世界大会でチャンピョンになった伊藤拓斗君(中新田中学1年)のお祝会に招かれました。
46年ぶりの快挙です。本人の努力もさることながら、ご指導される本田先生も素晴らしいと思いました。


 10月30日は「加美町秋まつり」が開催されました。インターハイ、国体を含む6冠を達成した中新田高校カヌー部を 中新田・広原小学校マーチングバンドが先導し、パレードを行いました。

加美町の青少年の活躍には目を見張るものがあります。今後とも応援していきます。

ちなみに、今日思ったことですが、カヌーもドイツがメッカです。昨日の空手でもドイツとの交流があるとのこと。バッハの生誕地、美しい町づくりのお手本、カヌー・空手とドイツとの糸は太くなる可能性十分です。
青少年も含め、多くの町民に視野を広める機会を提供したいと考えます。

 さらに、加美町をクロスロード(十字路)にしたいと思います。
東西の線は西に山形市、韓国、そしてドイツ、東にはアメリカ。
南北の線は、北は未定、南は埼玉県市川市、オーストラリア。加美町はその中心に存在します。人と情報が加美町に流れ込み、加美町の文化がいっそう豊になり、日本一住みたくなる町にしていきたいと考えています。



 秋祭りでは、鹿原小学校の児童が育てた大根(こんな立派な大根1本150円でした)


 
大根の形がむすび丸の兜のしるしと同じカーブをしているのにご注目ください。



 11月1日には町内の私立小鳩幼稚園から園児が”町長さん”を持って慰問に来てくれました。
<
center>



有難うございました。
皆さんに開かれた町長室であり続けたいと思います。


洋文







Posted by いのまた 洋文(ひろぶみ) at 22:00│Comments(4)⇒ いのまた洋文日記
この記事へのコメント
お疲れ様です。さすが頑張っていますね。そろそろ庁内内部の方も、把握できてきたでしょうから、町民と後援会に公約してきたことを、ひとつづつ!実行していってください。町民は、見ていますから!!!まずは、本人の健康が第一ですが、町民の声に耳をを傾けそして聞き、町民の立場に立っての行動・発想を忘れない町長に、なってください。期待しています加美の熊くんです。
Posted by 町おこし加美の熊くん at 2011年11月10日 09:53
町長当選おめでとうございます。
いつも実家に帰って思うことですが、あの堤防の桜並木はどこにいったんでしょうと、、、。てくてく散歩しながら、腐って雑草が生い茂っている桜の木をみると寂しくなります。ご覧になりましたか?
確かにドイツはどこにいっても美しい町です。でも落ち着くのはやっぱり日本の景色です。日本でも町全体が美しくて散歩したくなる町がたくさんあると思います。先ず、その辺から視察して加美町は宮城県で一番美しい町と言われるように頑張って下さい!!
Posted by 同級生 at 2011年11月16日 11:12
桜の話で山形の鶴岡の堤防には古い桜と若木が植えてありますそれが守る
、つながる文化と想います。今まではそれすらきずかない人が上にいたのですね、残念これからは、ひろぶみさんが
本物の文化を育てて行くのですよね?
Posted by パール at 2011年12月07日 22:04
ブログ更新しないのですか?
Posted by 宮崎世直し人 at 2013年08月30日 16:23
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
走り続けた2ヶ月間
    コメント(4)